育毛剤と天然シャンプー

無添加シャンプー TOP
妥協のない設計
良いシャンプーの条件
髪と地肌の両立
無添加
カラーが長持ち
成分

髪にやさしいという事と、地肌に優しいという事は、実は別のことなのです。事無添加シャンプー,無添加トリートメントでその両立を実現しました。


髪と地肌の両立

「髪に優しい」「地肌に優しい」の両立は難題でした。
 洗浄力を優しくして、脱脂力も弱くした上、オイルの補給や毛表皮を保護するコート剤等をふんだんに含めば、髪を守るのに都合の良いシャンプーが出来上がります。髪の滑りがよくなり、絡まりにくいという事は髪に余計な負担をかける事も少なくなり、髪を損傷から守るにはとても大切な要素です。

しかし、地肌に不要な皮脂分を落としきれなかったり、地肌に残留するオイルやコート剤をさらに増やしてしまう可能性が出てきます。それが原因で皮膚が荒れたり、アレルギーを起こしたり、皮膚呼吸ができなくなって毛根の働きを弱めてしまっては困りますね。
 では、 洗浄力を程よくして、肌にも低刺激、とうい事になると、石鹸がよい、ということになります。それなのに石鹸で髪を洗う方が少ないことからわかるとおり、PHが高いため、表皮(キューティクル)が開き、髪がもつれやすい洗い上がりになってしまうのです。

◎無添加ヘアコスメが目指す両立とは・・・ 髪には洗浄力が抑え目で、無理な洗浄をせず、主成分の洗浄成分、「天然アミノ酸」自体のPHが低いため、毛表皮も開かず、髪の内充物質は流出しにくくなります。また配合の「天然ヒアルロン酸」 が毛髪にうるおいを与えます。地肌にも洗浄力はやや抑え目ですが、余分な油脂を新たに付着させないため、皮脂バランスは最適に保たれます。また「天然ヒアルロン酸」は頭皮にもうるおいを与えてくれます。この事は頭皮や毛根の若さを保つ上でも効果的なことです。


TOP